2009/08/04

六本木オールナイト 「一次会の陰謀」

六本木オールナイト 「異国情緒を味わう一次会篇」

Gachi_dscf3400

[エリア 六本木] ジャンル ダイニングバー

南国DINING 9miles

ガチレポメンバー総員出動!

Gachi_001

夏休み特別企画「毎日ガチレポ」
本日より3日間、六本木オールナイト・ガチレポ3部作を
毎日更新でお届けします!


オトコのオトコによるオトコのためのグルメ情報メディア「グルメR25」夏号が
09年6月26日ついに発行しました!

メンバーと多数の関係者の血と涙と汗とよだれの結晶です。

辞令の紙切れ一枚で、
リーダーという聞こえだけはよいポジションを与えられ、
白紙同然のこのプロジェクトの推進を命じられたのが昨年末。

それから、約半年に渡り、
次々と現れる化け物たち、いや、個性的なメンバーたちを
猛獣使いのごとき胆力でまとめあげ「グルメR25」を推進してきました。
その結実として、「グルメR25」がようやく、陽の目を見たわけです。

「祝・リーダーK。おめでとう!」
という内容で、くす玉の一つや二つ割られても不思議ではないはずだが、
6月26日は、普通に過ぎ去り、すでに2週間・・・。

「あれ?」
なんか、みんなオレのこと嫌い?

もういい、誰も言わないならオレ発で祝う!
男子たるもの常に攻めの姿勢は忘れない。

「明日、オールナイトでのむぞ!舞台は、もちろん六本木。
 ガチレポメンバー総員出動せよ!」

※残念ながら、一番頼りになるジン欠席!

 

敵を知り己れを知らば、百戦して危うからず

02_2

ガチレポ当日。
有休をとって、昼間は熟睡。
18時起床で、来るべきオールナイトに備え、準備は万全である。

「やるときはとことんやる。」
それが、リーダーとして、オトコとして、責務である。

 

東京タワーを眺めながら・・・。

03

今日の一次会は、ジャマイカ気分を味わえる店、「南国DINING 9miles」。

六本木交差点から、外苑東通りを東京タワーに向かって、南へ。
首都高のガード下を麻布十番方面へ右折し、坂を下って行った先にある。

いよいよ始まるオールナイト、
あの猛獣たちと、とことん向き合ってやろうじゃないかと決意を固めつつ歩く。
東京タワーよ、見守っていてくれ。

 

ジャマイカへの階段「南国DINING 9miles」

04

街灯の光に集まる羽虫の如く、
入り口のきらびやかなイルミネーションに導かれる我らガチレポメンバー。

一段踏み降りるたびに、これから始まるオールナイトへの期待感は高まっていく。

 

05

店内に一歩踏み入れると、そこに広がるのは、白くて明るい空間。
小気味よい音量で流れるレゲエミュージック。

オールナイトへのゆるやかなスタートを切る一次会には最適。

 

すべては、酒が洗い流してくれる。

06

僭越ながら、乾杯の発声をする私である。

「これまでの苦労を思い出せ!
  オレたちの流した汗が、涙が、
 そして、血が、
 すべて、この小さなグラスに注ぎ込まれていると思え!」

「乾杯~!」

やはり、夏の生ビールの喉越しは最高!
仕事を一つ成し遂げた実感が沸いてくる。


07_2

みんなで発行したばかりのグルメR25夏号を読み、しばし、プロジェクトの想い出話にをする。

ガチレポ「ほろ酔いビール世界紀行」のモクさん、ワタル青年、アヤ嬢の3人組が楽しそうに話している。横目でうらやましそうに眺めるシンシン。

ほのぼのとしたひととき。

なぜだが、分からないが、
このまま終わらせるものかと意味のない闘志が、オレの心に沸いてくる。

 

ジャマイカン&エスニックコース6品【飲み放題付】4500円を堪能!

08

早速、運ばれてきたのが、ジャマイカン&エスニックコースの料理たち。
コレももちろん、打上げの大きな楽しみの一つだ。

★塩ムンチサラダ
シャキシャキの歯ごたえで、最初の一品として最適なさわやかな味

 

09

★特製エビマヨ(写真左)
スパイシーなコース料理の中のアクセントの一品として、
コクのあるマヨネーズ味のエビマヨは最高

★ジャークチキン (写真右)
スパイスが効いていて、おいしいチキン。

ジャークとは何か?という話題になり、燻製だの、ビーフジャーキーみたいなものだの憶測で好き勝手言っていたが、正しくは、
ジャマイカ料理で漬け込むとことをジャークと言い、タレに漬け込んで焼いたチキンが、ジャークチキン。

 

10

★ゴーヤチャンプル
南国の雰囲気を助長してくれる一品。
ジャマイカで食べても沖縄料理は、きっとおいしいに違いない。

 

11

★ガーリックポテト
ビールのお供として、ガーリックポテトは最高の味わい。
ビールが、ぐびぐび進む

 

12

★ジャマイカ風タコライス
グリーン・イエロー・レッドとまさにラスタカラーなタコライス
味の方も絶品で、南国気分でテンションは上がっていく。

 

 

追加の一品、やんばる島豚!

13

コース料理に加えて、打上げ特別メニューとして、どうしても食べたかった。
「幻のやんばる島豚のしゃぶしゃぶ(3000円)」をオーダー。
9milesさん、オススメのはずしたくない一品。

変わった鍋で蒸されたやんばる島豚、
秘伝のタレにひたりとつけて、口に入れた瞬間、さっぱりとした味わいが舌を突き抜ける。

 

極秘ミッション発動「モクさんをつぶせ!」

14

おいしい南国料理を愉しんでいるうちに、とても平穏な雰囲気に包まれる一次会。

やんばる島豚のチカラを吸収したオレは、なんだか、意味なく一波乱起こしたくなる。リーダーとして、いや、オトコとして、闘志が沸きあがってくるのだから仕方がない。

ターゲットは、酒豪とはやし立てられて満更でもなさそうなモクさん。
笑って飲んでいられるのも今のうちだ・・・。

 

15

草食アッちゃんを呼び出し、極秘指令を送る。
「全員で、モクさんと乾杯して、しこたま飲ませろ。今日は、酒豪のモクさんをつぶしてやるのだ。」
「ヒヒヒ、そうでがんすね。さすがリーダー」
草食だが、悪巧みだけは好きなアッちゃん。こういうときは頼りになる。

 

 

16

アッちゃんを筆頭に、次々と刺客を送り込む。
みんな1杯ずつモクさんと乾杯、シンシンは3杯、アヤ嬢に至っては5杯と、
モクさんと乾杯。グラスの数が見る見る増えていく・・・。フフフ・・・。

 

 

17

!!

むしろ、モクさんはみるみる元気になっていく・・・。
なんだ!?この生命体・・・。

 

18

「ガッデム!」
「ジーザス!」
煮え切らないこの気持ち。

 

19

そうだ!
煮え切らないこの気持ちは、すべてカズぽんにぶつけよう!

フェイスペイントで、カズぽんをラスタカラーに。

ジャマイカ気分、最高潮!
「なぜオレが?」とカズぽんは言うが、もちろん、意味などないに決まってる!

 

20

完成!
B級怪人「ジャマイカ人間カズぽん」

グーパンチ一発で倒せるだろう。
イヤイヤ言ってたわりにテンションが上がっているカズぽん。
アッちゃんとタコ踊り。

 

一次会終了!次だ次!

21

一次会終了!
モクさんをつぶすことに失敗した以外は、
ジャマイカな南国気分のなか、おいしい料理とビールで大満足。

二次会への闘志も沸きあがる。
モクさんを筆頭に、メンバーたちもみな上機嫌。大成功だ。

しかし、ふと気づくと、シンシンとアヤ嬢が後ろでつかみ合ってる!
まさに龍虎対決!恐ろしい・・・。
飲ませ過ぎたのが失敗か・・・。

そして、得たものは何もない・・・。

まあいっか・・・。
次だ次!まだ夜は始まったばかり。
⇒二次会へつづく

【余談】
二次会のお店にたどり着くまで、カズぽんは見知らぬ人に5回も指差しで失笑される。
なぜ「ラスタカラーのフェイスペイント」なのか、確かに意味が分からない・・・。

 

・ジャマイカン&エスニックコース 6品 2000円 ×7人
・ +飲み放題 2500円 ×7人
・幻のやんばる豚しゃぶしゃぶ 3000円
 

34,500円

2時間のジャマイカ気分

モクさん満足度★★★★★ カズぽんのフェイスペイント★★★★★ リーダーの苦悩★

[エリア 六本木] ジャンル ダイニングバー

南国DINING 9miles

おすすめ特集