2009/08/24

夏×山芋=ギャルとアバンチュール!

~真夏のスタミナ食材選手権 「ネバネバ料理篇」~

P010529982_168

[エリア 恵比寿] ジャンル 創作和食

砂漠楼 恵比寿本店

プライベートも夏したいッ! 

昨日は近所の小学生たちと「水風船合戦」に明け暮れました。
公園で、何十箇所も蚊に刺されながら水風船爆弾をこしらえ、「いざ合戦!」

サトル率いる子供隊 6人 VS 孤高の戦士 カズぽん

「ホワタァッ!」
投げつけられる水風船の一つ目は、持参したヌンチャクではじき返すことに成功。
しかし、子供の吸収力はすごい。
一同、バッと散って全方位に展開、「ヤシマ作戦発動」
あっという間に6人に取り囲まれる、私。
「うてー!」
サトルの号令とともに集中砲水。

ヌンチャクにこだわりすぎて、反撃できず、自分でこしらえた水風船までぶつけられ降参。
「わかった、わかった、お願いだからもうやめて…」
「ピシャーンッ!」「スパーンッ!」
子供たちの水風船は容赦なく、顔面ヒットを繰り返し、公園で溺れかけました。

水遊びの後のけだるさを感じながら、我思う。
「ギャルと海でたわむれたい。」

「夏の開放感」で巷のギャルはウキウキしているはずなのに、私は小学生にビチャビチャにされています。

Dscf2638    

本日のスタミナ取材は、ネバネバ代表「山芋」
本屋に立ち寄り江戸時代に詳しい文献を開くと、そこには「山芋食と男女関係の乱れ」を心配している、との記述がある。
山芋に含まれるDHEAは男性ホルモンを作り出すそうです。

「夏の開放感×山芋=アバンチュール」の方程式
この夏、これに賭けてみよう。


オシャレな街、恵比寿に降り立つ

Dscf2640    

いざ、「砂漠楼 恵比寿本店」へ
まずはびっくり寿司を目指して歩きます。


幻想的な佇まい

Dscf2659

恵比寿駅西口から徒歩3分、びっくり寿司の脇の道を進んで左の小道に入ると、
突如現れる幻想的な「砂漠楼」のエントランス。
階段を下り、地下テラスを抜けて店内に入ります。


蜃気楼

P010529982

砂漠の中に現れた蜃気楼をイメージした店内。
婦女子と一緒に来れたら、きっといいムードになることでしょう。

 

Dscf2677    

男一人で来るのはもったいないと思いつつ、
一人でも絵になる男カズぽん、ハウスグラスワイン赤 (500円)を傾け、
「夏の開放感に乾杯!」(独り言)

そして、夏の開放感に掛け合わせる、山芋料理2品をオーダー。


山芋料理 第一弾

Dscf2689

砂漠楼の人気メニュー、本鮪とアボカドと山芋のユッケ風 KOREANスタイル (880円)
白・赤・緑がバランスよく配置され、鮮やかに混ざり合う。見た目にも美しい一品です。

Photo

中にうずらの卵が入っているので、よく混ぜてから食べます。
マグロとアボガドは定番ですが、山芋とコチュジャンという新しい仲間を見つけて旨さ倍増。
山芋は「サクサクネバネバ」、マグロは「柔らか」、アボガドは「滑らか」、どんがったサツマイモは「パリパリ」、松の実は「コリコリ」

「母さん、これはまさに、食感五重奏のオーケストラです!」


ふと、前を見る

Dscf2708

誰もいない座椅子をちらり。
おいしい料理を食べている私は、今、ひとりなんだと強烈に感じる。

「山芋食べても、一人」
種田山頭火にオマージュを捧げます。


山芋料理 第二弾

  1

長芋の和風グラタン (680円)
火を通しているので、ネバネバ感は弱めだが、グラタン全体がヌルヌル、ふわふわしていて、これまた新食感!焦げ目が、また、格別においしい。

Dscf2726

ぺろりと完食。

美味しい山芋料理でお腹が満たされるのと同時に、私の中で「ムラッ」と何かがはじけました。

湧き上がる人恋しさ!
燃え上がる情熱!
震えるほどヒート!


女友達と飲み直しを企てる

2    

 

「母さん、なんだか今日イケそうな気がします!女友達を誘ってみるよ!」

トゥルルル、ガチャッ
「もしもしカズぽんだけど、夏ってなんだか開放的になるよね~これからお茶…」
※「今、地下鉄だから」 ブツッ ツーツーツー

「無念。そうだ!こないだ知り合ったBちゃんにもかけてみよう!」

※繰り返し×3

みんな電波障害か・・・。
夏の蒸し暑さが原因かな?


もしもしカメよ

Dscf2739    

店を出ると、そこには巨大なカメのオブジェが。
カップルに幸せを運ぶという話もうなずける、神秘的な佇まいです。

「カメさん、みんな電波が悪くてダメだったよ、タイミングが合わなかったな~。
今度来るときは素敵な女性を連れてくるので、その時はよろしく頼むよ。」

本当に電波のせいだったのかは、藪の中ですが、山芋のチカラは本物だと実感し、
一人家路につく、夏の夜でした。

トゥルルルルー、トゥルルルー
「もしもし? あ、母さんか。 今日、山芋食べたんだよ。」


  本鮪とアボカドと山芋のユッケ風 KOREANスタイル (880円)
  長芋の和風グラタン (680円)
  ハウスグラスワイン赤 (500円)
  チャージ (500円)

2560円

1時間

ネバネバだけじゃない新食感 ★★★★★  デートに使えるムード ★★★★

電話をかけた女の子の人数 3人 (ノーヒット)

[エリア 恵比寿] ジャンル 創作和食

砂漠楼 恵比寿本店

おすすめ特集