2009/09/24

気になるあの子をデートにお誘い「オトナのVIPディナー」

~高級店マナー 和食・懐石料理篇~

Rikyou00

[エリア 外苑前] ジャンル 和食

莉境庵

  • Icon_editor_01

僕はいつでも本気です。

Rikyou01

今年の夏は結局、アヤ嬢、木さんと世界のビールを巡るばかり。
浮いた話が一つもないまま、秋という人肌恋しくなってくる季節を迎えようとしてます。
ご無沙汰しております、癒し系の好青年こと「ワタル」です。

先日、肉食系男子のシンシンに誘われ、合コンに行ってきました。

そこでAちゃんという女の子と趣味の旅行の話しで盛り上がり、意気投合するという奇跡が起こりました。

Aちゃんは、銀行で投資のお仕事をしているというバリバリのキャリアウーマン。
きれいな顔立ちの美人さんです!

彼女に合った大人らしいデートで彼女をスマートにエスコートしたいと思います。

スーツを着て決めポーズ。よしっ、決まってるね!

高級車でお迎え

Rikyou02

彼女が働く、都内のオフィスで待ち合わせです。
そこに、今日予約したお店の送迎車・センチュリーがお出迎え。
「これでお店に行くんですか?すご~い!」(Aちゃん)

予約したコースは、<片道送迎付プラン>。
ちょっと優雅に、お店に到着する前からデート気分を楽しめてしまうのです。

※送迎プランは、片道/往復それぞれ用意されています。送迎の範囲は、基本お店から半径5km圏内です。

Rikyou03

さすが高級車、車内は非常に快適。
ふわふわのシートで乗り心地がいいばかりではなく、
後席のシートはなんとマッサージチェア。
しかも、振動の調整ができたりと高機能。
「すご~い!こんなの初めて!」(Aちゃん)

マッサージを楽しみながら、優雅に車内の時間を過ごしていると、あっという間にお店に到着しました。
お店の前では、店長さんによるお出迎え。まさにVIP気分です。

Aちゃんも喜んでます。よし、ここまでは完璧だ!

オトナの隠れ家「莉境庵」

Rikyou04

外苑西通り沿いの路地を少し入り、階段を降りたところにお店の入口があります。
大きな銅板の扉が印象的です。
お店の方に案内していただき、店内へ。

Rikyou05

店内に入ると、右手にカウンター、左手にテーブル席がそれぞれあります。
天然石、天然木を使用した内観は、落ち着いた雰囲気だけでなく、高級感も醸し出してます。
でも、今日はこの席ではなく…。

Rikyou06

なんと、今回予約したのはICカードで入る秘密の部屋なのです!
ICカードで開く扉の奥には、様々なタイプの個室が用意されています。
プライベート感はもちろん、VIP感もあって、サプライズにもぴったりです 。

Rikyou07

今回は掘りごたつの個室です。
完全個室なので、ゆったりと話ができそう。雰囲気もいい。

よし、シンシンのアドバイス通り、お店の雰囲気+日本酒で酔わせて口説く、
これしかない。

送迎から席に着くまで、Aちゃんは感動しっぱなしだし、これはいける気がする。
僕は自分のプランに若干酔いしれつつ、企画の成功を確信しました。

まずはビールで乾杯

Rikyou08

はじめはビールで乾杯。
八海山の地ビール・泉ビール/ヴァイツェンのドラフトという、ちょっとかわったビールをオーダー。
「乾杯~。」

このビール、二人して「白ビール?」と思ってしまうような淡い色合い。
これは小麦麦芽を約50%使用しているため白く濁っているのだとか。
苦味が少なく、クリーミーで非常に飲みやすく、女性にも好まれそうなビールです。

絶品料理のフルコースを堪能

Rikyou09

まずは食前酒。赤ワインをオレンジジュースとジンジャーで割った飲みやすいお酒です。

Rikyou10

前菜は、いくら胡麻豆腐。あっさりした胡麻豆腐の中に、いくらが入っています。
いくらの塩辛さと胡麻豆腐、湯葉の甘さが絶妙!

Rikyou11

蓋物は松茸の茶碗蒸し。中には松茸がたくさん入っていて贅沢!秋の香りがする逸品です。

Rikyou12

御造りは、朝獲れ鮮魚。鯛、しまあじ、戻りかつおの3点盛りです。戻りかつおには辛子をつけていただきます。
かつおは脂がのっていて、口の中でとろけます。鯛は新鮮で甘みがあって美味しいです。
個人的に、一番好きなのは「鯵の王様」しまあじ。身が締まっていプリプリした食感がたまらないです!

Rikyou13

御造りの後は、中皿の法蓮草と無花果さらだ です。法蓮草、無花果に加え、生ハムとアーモンドが入ってました。
法蓮草の緑と生ハム・無花果のピンク色が見た目にもきれいな一品。
酸味のあるドレッシングとの相性も抜群!食べた後、ほのかに無花果の香りがして、とっても上品な味です。

Rikyou14

コースもそろそろクライマックス。温物は、きのこと宮崎牛のすきやき小鍋。
とても柔らかい宮崎牛は、あまり火を通し過ぎずに食べます。あ~ご飯が食べたくなる!
中に入っていた麩が、何気に美味しかったです。
お肉はもちろん、口の中で溶けるような柔らかさ…。
でも、お肉の味がしっかりして、食べごたえがあります。

Rikyou15

そして、このコースで僕が最も楽しみにしていた品、雲丹ごはん。
見てください、この雲丹のボリューム!この肉厚!
もう、何も言うことはありません。

Rikyou16

最後に甘味 七味彩々。パンナコッタ、ガトーショコラ、マンゴープリン、カプチーノアイス、
無花果のワイン煮、バニラアイスが少しずつ。最後まで贅沢な気分にさせてくれます。

日本酒の罠

Rikyou17

食事をすすめながら、僕は事前に練っていた計画を実行に移します。
日本酒はあまり飲めないと言っていたAちゃん。でも、この美味しい食事とならお酒も進みそう。

「せっかくだから、日本酒頼もうよ。」と僕。
「え~私あまり飲めないんだけど、ちょっと飲んでみようかな。」とAちゃん。

ふふっ、何て順調なんだ。

Rikyou18

「私、銘柄とか分からないから何でもいいよ。」とAちゃん。
「じゃあ、僕の地元のお酒・山田錦にしよう。」ということで、山田錦をオーダー。

ガラス製の徳利が氷に浸かって登場。やっぱり、冷酒はこうでなくちゃね。

「ん~美味しい!」と僕。
Aちゃんは、「きつ~い!でも、思ったより飲みやすいかも。」と結構いけそう。

Rikyou19

「日本酒の味が分かるなんて、素敵ですね。」というAちゃんの言葉に乗せられ、
僕はグビグビ日本酒を飲む。

「美味しい料理があると日本酒が飲みたくなるし、逆もあるよね。」
などと月並みな事を話つつも、徐々に調子に乗る僕。

Rikyou20

もう一つ、お店の方にすすめていただいたお酒もオーダー。
お米から作られた発泡酒・すず音。
飲み口はまるでシャンパン、甘くて飲みやすいお酒です。
「これ飲みやすい~。」とAちゃんも笑顔。

Rikyou21

そんなこんなで日本酒を飲み続けていたら、段々気持ちよくなってきました。
いわゆる、酔いが回ってきたというやつです。
気持ちいいんですよね~、目の前でAちゃんが揺れています。

Rikyou22

頭にネクタイとか巻いちゃったりして。
せっかく雰囲気のいいお店に来たというのに。でも、とっても気持ちがよくて、つい。

Rikyou23

僕がへべれけになって頭にネクタイ巻いたりするもんだから、Aちゃんはシラケ気味…。
溶けていくデザートの向こうには、少し無口になってしまったAちゃん。

「気持ちいいよね~お酒っていいよね~。」とどうでもいいことを連呼する僕。
「・・・。」(Aちゃん)

Rikyou24

そして、ついにこんなザマに。THE ENDです…。

Rikyou25

「お会計お願いします。」
眠る僕を横目に、Aちゃんがクールにお会計を済ませてくれました。

帰りの送迎は?
 

Rikyou26

お店を出てからも、僕はフラフラ。階段の手すりにつかまったりして、グダグダな状態。
Aちゃんがタクシーに放り込んでくれ、何とか帰ることができました。

行きはスマートなエスコートだったのに、己を知らなかったことで、惨敗という結果に終わりました。

また、一から出直しです。

【デザート7品+プライベート個室リザーブ+高級車での送迎】ルージョオリジナル8品コース7000円×2名
八海山泉ビール ヴァイツェン 800円 ×2杯
黒松 山田錦 特別純米(兵庫) 1000円
すず音 300ml(宮城) 2000円
サービス料10%
個室チャージ1000円×2名

22,660円

2時間30分

VIP感 ★★★★★ スマート大人デート ★

[エリア 外苑前] ジャンル 和食

莉境庵