2009/10/08

上司におねだり「極上のご褒美イタリアンディナー」 

~高級店マナー イタリアン篇~

Eno00_2

[エリア 銀座]  ジャンル イタリアン

エノテーカピンキオーリ 東京店

  • Icon_editor_03

ダテGM!覚えてます?

編集部内紅一点のアヤ嬢です。
グルメR25秋号の発行に向けて、多忙を極めた9月だったけど、
グループマネージャー(通称:GM)のダテさんの「無事終わったら、おいしいもの食べさせてやる」
という言葉を信じて、目の下のクマをファンデで隠して頑張りました。

無事に発行日を向かえ、仕事も一段落したので、ダテGMに約束を果たしてもらわなきゃ!

「約束覚えてますか?」(アヤ嬢)
「あれ、なんだっけ、ゴルフの話?」(ダテGM)
上司なので平手打ちはマズイわね。思いとどまり本題へ。

「エノテーカピンキオーリに連れて行ってくれるって言ってたじゃないですか~。」(アヤ嬢)
お店までは決めてなかったけど、忘れてるみたいだから憧れのお店をおねだりしてみます。

「すまんすまん、忘れかけてたけど思い出した!頑張ってくれたもんな~。よし、行こう!」(ダテGM)

やっぱり持つべきものは、気前のいい上司です!
「ヨッシャー!」

憧れのエノテーカピンキオーリへ

Eno01_2

銀座駅の銀座コアビルの7F中にお目当てのエノテーカピンキオーリがあります。
まるでホテルのような広々とゆとりあるフロントで予約の確認をスムーズに済ますダテGM。
きちんと予約してくれてるなんて、さすが。

Eno02_2  

トスカーナウッドでコーディネートされたシックなラウンジを通り、店内へと案内されます。
ダテGMは私を先にどうぞと!と優しくエスコート。
編集部のあの気の利かない男どもに見習ってほしいものです。。。

 Eno03_2

奥行き14mもあるワインカーブの回廊。
世界各国の約1万2千本が徹底した管理の下保管されているとのこと。
量のみならずその種類・質も一流。
なんともおいしそうな高級ワインに思わず見とれてしまいます。

シックで落ち着いた店内

 Eno04

古きよきフィレンツェの街並みを再現したというメインダイニングには、アンティーク家具やインテリアで落ち着いた雰囲気。

私たちは、そんなメインダイニングの横にある個室に案内されました。
まるでアートギャラリーのような世界。
重厚な風合いが、シックでやすらぎの空間を演出しています。
なんだかこれだけで、充分に贅沢です。

まずはシャンパンから

Eno06  

席に着き少し落ち着いたところで、すぐにシャンパンが出てきました。
「あれ汗?頼んでないのに・・・。」と少し慌てるダテGM。

「こちら、サービスの食前酒のシャンパンとなります。シャンパンを楽しみながら、ゆっくりとメニューをご覧になってください。」
と、スタッフの方。
シャンパンを飲みながらだなんて、なんて素敵なサービスなのかしらと感動する私。
一方、「なんだ・・・。サービスなんですね。」と、ちょっとホッとした様子のダテGM。

シャンパンはよく冷えていて、スッキリ爽やかな味わい。
「ダテさん、このシャンパンおいしいですね。今日はよく飲んでよく食べれそうです!!」
「食前酒は食欲増進っていうが、お前食べる気満々だな…。」(ダテGM)
「そんなことないですよ~。シャンパンは、これから始まる素敵な時間の扉を開ける鍵なんですよ~。」(アヤ嬢)

クックック(笑)。ダテGMのポケットマネーで最大限楽しませてもらうわ。

 スムーズなオーダーこそ男の見せ所

Eno07  

シャンパンをいただきながら、メニューを眺める2人。
どうしようかな・・・と迷っていると、ダテGMがスタッフの方と会話しながらさらっとコースをオーダーしてくれました。
こういうときにスムーズに決めてくれる男性っていいわ。

「好き嫌いなどございませんか?」と、スタッフの方が親切に聞いてきてくれました。
「他にもメニュー変更もお客さまの希望に応じてさせていただいておりますし、
前回いらっしゃった際と同じメニューは出さないようにしておりますので、ご要望あればおっしゃってください。」
とのこと。
なんて行き通ったサービス、そして心づかいなのかしらと感動しながらも、「好き嫌いは特にありません!!」とこれから食べるぞ!という意気込みを込めて力強く返事をしました。

 Eno08  

「あんなにたくさんワインがあったので、私いろんな種類のワインを飲みたいです!」と思い切ってダテGMにおねだり。
「お前、いろんなワインっていってもな・・・。」と、困った様子のダテGM。

すると、ソムリエの方が
「テイスティングというメニューはいかがでしょうか?お一人1万円で赤でも白でもお好きなワインを選んで飲めるというメニューですので、いろんなワインを楽しみたい方にはおすすめです。」(スタッフ)
「いいですね!いろんな種類のワインが飲めて、しかも1万円!よしよし。」(ダテGM)

ということで、親切なソムリエの方の提案もあり、ドリンクはワインのテイスティングメニューをオーダーしました。

 Eno09  

まずは、白ワイン。イタリアトスカーナ地方のシャルドネ。
ダテGMがテイスティングをしました。
ワインのラベルを見ながら、生産国や原産地、ワイン名などを確認し、「はい。」と笑顔でソムリエに返事。
グラスに注がれた少量のワイン。
色を確認して、香りをがぎ、最後にグラスを軽く回して再び香りを確認。
ようやく口にワインを含んで味を確認。
ダテGMの男前なテイスティングに思わずうっとりしてしまいました。

ワインのお味はというと、フルーティーな香りと味わい。
とはいえ、甘すぎず酸味もあり、スッキリとした後味の残るお食事に合う飲みやすいワインでした。

 最高級イタリアンのフルコースを堪能

 Eno10  

まずは、前菜(アミューズから)。
その日ある食材からカスタマイズして、お出ししているという内容。

一口サイズのカナッペはサクサクと軽く、上にのっているハムの塩味とサワークリームの酸味が絶妙でおいしくいただきました。

Eno11  

2品目は、それぞれの好みに合わせたもので作っていただきました。

私は、「ガーリッククリームを纏ったポーチドエッグ モッツァレラチーズのグアンチャーレ巻きとズッキーニのピュレ」
ポーチドエッグにナイフを入れると、とろっと濃厚な黄身が溢れます。
ガーリック風味をプラスした黄身をモッツァレラチーズに絡めていただきます。
濃厚な味わいとズッキーニの爽やかなソースのバランスがたまりません。

ダテGMは、「手長海老のイン・サオール パッションフルーツの香りと共に」
プリプリの海老の食感が楽しめる逸品。
魚介からとったスープのゼりーが味に深みを加えます。

Eno26  

3品目も、それぞれの好みに合わせて。

私は、「ブラックオリーブを纏ったスズキ 滑らかなジャガイモのピュレ」
スズキの上にはパン粉のように乾燥させた黒オリーブがトッピング鵜されています。
スズキのプリプリとした食感と黒オリーブの香りがたまりません。
アンチョビと黒コショウのソースをアクセントに加えていただくと、また違った味わいを楽しめる一皿で2度おいしいお料理です。

ダテGMは、「穴子のフリット トマトとバジルのチャツネ キュウリのサラダ」
トマトとバジルのさっぱりとしたソースによって、穴子の本来の旨みが味わえる逸品です。
穴子のプリプリとした食感にダテGMも絶賛でした。

Eno14  

4品目は、「季節野菜のリッボリータをラヴィオリに 貝類の軽い煮込みソースを添えて」

貝のおいしいエキスが染み出したスープは、香りがよく、味にも深みがあります。
素材の味を引き出したシンプルであっさりとした味付けが贅沢です。

Eno12_2

気づけば、おいしい料理に夢中の2人。
会話することも忘れ、もくもくといただきます。

至福のひと時です!

Eno15  

もちろん、白ワインに続き赤ワインもいただきました。
テイスティングメニューなので、いろんなワインをお料理に合わせて楽しめます。

お料理がおいしいとお酒もすすみます。
ダテGMもだんだん気分がよくなってきたようです。

Eno17    

5品目はメインとなる「富士鶏のロースト バナナとジャガイモのクロケッテ 茄子のコリアンダー風味」

お肉は周りはカリっと中はジューシーとは正にこのこと!という感じの絶妙な焼き加減でした。
もちろんお肉の質もよく、肉汁が溢れるほどにしっとりしていて柔らかくて驚きました。
初めて味わうバナナとお肉の組み合わせでしたが、とても相性がいいです。
コリアンダーアクセントもほどよく、最後まで飽きることなくおいしくいただきました。

Eno19    

デザートは、「桃のブティーノ・シナモン風味 ヨーグルトムースとグァテマラコーヒー風味の蜂蜜」

桃を軽くグラッセしていて、桃の甘味を贅沢に味わえる逸品。
ただ甘いのではなくシナモンの風味もよく、まさに大人のデザートです。

Eno20  

温かい桃のデザート後に、桃のシャーベットが出てきました。
シャーベットは桃の酸味でさっぱりとした味わいです。

「温かい桃のデザート、冷たい桃のデザートで、桃の甘味と酸味、両方のおいしさを味わっていただければと思い、このようなメニューでお出しさせていただいております。」と、スタッフの方。

さすが一流レストラン。
デザートまでも驚きと楽しさを演出してくれます。

Eno21

さすがの私ももうお腹もいっぱい、大満足です!
そう思っていたら、なんとたくさんのチョコレートが私の横に運ばれてきました。

最後に、「自家製チョコレート」

「おいしそう!このチョコとあのチョコと、このマカロンも!!」(アヤ嬢)
「おいおい。。。」と、呆れ気味のダテGM。
「女の子は、甘いものは別腹なんですよ。いただきま~す。」(アヤ嬢)

よく食べ、よく飲み大満足です。

Eno22

憧れのエノテーカピンキオーリで、見た目も味も最上級のディナーを楽しめてなんて幸せなんだろう。
グルメR25の編集部では、気の利かないメンバーに呆れることも多いし、仕事もきついしで不満もいっぱいだったけど、
今日でそんな不満もすべて解消だわ。
と、カプチーノをいただきながら幸せ気分の私。

しかも、上司のおごりなんて最高だわ。

そうそう、エノテーカピンキオーリでは結婚式もできるみたい。
料理でおもてなしをしたい方にはおすすめのお店。列席の方もこんな素敵なお店ならきっと喜んでくれるはず。
将来の私の結婚式の会場候補としても、リストアップしちゃいました笑!

デキル男はお会計もスムーズ!

Eno23    

アヤ嬢が席を立った隙に、ダテGMはお会計を済ませる。
なんてクールでスマートな男性なんでしょう。

お礼の言葉の裏の本心・・・

Eno24_2    

「あの、やっぱり少し払いますよ。」 (アヤ嬢)
「いーよいーよ、今日は頑張ったご褒美なんだから。」(ダテGM)
「ありがとうございます!ダテさん素敵!」 (アヤ嬢)
「お、おぅ。意外とかわいいところあるんだな。」(ダテGM)

Eno25    

クックックッ笑。
かわいい乙女アピールをしておいて、また忘れた頃におねだりしよう。

さて、「ダテGMおねだり済み!っと。」
次のターゲットはアキオ部長!!
お寿司楽しみだわ~。

ディナーコース 10,000円×2名               
テイスティングメニュー 10,000円×2名                     
サービス料 10%                      
個室料金 5,000円(別途) 

合計49,000円 

2時間

一流のおもてなし★★★★★   おねだり成功!★★★★★

[エリア 銀座] ジャンル イタリアン

エノテーカピンキオーリ 東京店

おすすめ特集