2009/10/01

鶏通必見!〆の逸品「ぼんめし」

~「丼メシ」どーんと大特集!「ぼんめし」~

Dscn2653

[エリア 御徒町] ジャンル 和食

焼き処 しゅん

  • Icon_editor_04_2
  • Icon_editor_05_2

あの「ぼんじり」が丼になった! 

Photo
      

今回取材した丼は、焼き処 しゅんの「ぼんめし」。
焼き鳥屋さんでは必ず頼むほど、「ぼんじり」に目がないカズぽんです。
そのぼんじりが丼でも味わえるなんて!夢のような逸品ではありませんか!
そしてなんと今回、Kリーダーもついて来てくれるんです!

スタミナ料理の取材は、一人できっちり仕上げましたが、
秋号こそはみんなとわいわい取材に行ける、と心躍らせていたある日。

「カズぽんは丼メシ担当ね、ガツガツ食べるの似合うし。」(K)
「はい、がっつきまっせ~!みんなで丼メシの早食いレースとか、盛り上がりそうですね!」(カズぽん)
「一人だからレースにならないよ。今回もハイテンションで頼むね!」(K)
「いや、いやいやいや、丼は二人で食べる取材にしましょうよ~。Kさんもたまにはついて来て下さいよ~」(カズぽん)
「え、そ、そう?じゃ、今回(は)行くよ」(K)
「今回(も)ですよ。」(カズぽん)

物分りの悪いKリーダーを説得しなければ、また孤独なガチレポ人生が始まってしまう。
この取材で、「みんなで行くガチレポ取材」という野望を実現するのだ!

 

JR御徒町駅南口

3
    

取材当日、御徒町でKさんを待ちますが、待ち合わせ時間を10分過ぎても、まだ来ません。
このまま一人で行け、ということかと以前なら気を利かせてしまうところですが、今日は、おバカなKリーダーを逃がす気はありません。携帯電話でKさんを呼び出します。
「Kさん、まだですか?」(カズぽん)
「あ、今日だっけ?一人でも行けるでしょ。」(K)
「いや、今日は2人って約束したじゃないですか。来ないなら取材しません!」(カズぽん)
「あらら。じゃ、先にお店行ってて。合コ、、いや、打ち合わせ終わったらすぐ行くから。」(K)
「わかりました。お待ちしてます。」(カズぽん)
昼から何してんだK!

お店は、駅から徒歩3分とすぐ近く。
大きな看板が目印。地下へと続く階段を下ります。

 

料亭のような佇まい

4

階段を下ると格子戸の玄関が現れます。隠れ家的料亭のような佇まいです。
小さな玄関で靴を脱ぎ、奥へと進みます。

 

落ち着いた店内

5

お座敷風のカウンターに通され、Kさんを待ちます。
掛け軸や木のカウンター、高級感の漂う落ち着いた和室です。

そうこうしてるうちに、ようやく、Kさん到着。
「おうおう、さすがカズぽん、一人で座ってるところも絵になるな~」(K)
「いや、ただ座ってるだけですけど。」(カズぽん)
いつもなら、満更でもなく、にやけちゃいますが、これがKさんの手口と分かってきたので、今日はだまされないぞと、意志を固めます。

 

 

とりあえず乾杯

6
    

キリンの一番しぼり大瓶(600円)を頼み、
「とりあえず乾杯!」(カズぽん)

「あの~、乾杯なのにわざわざ一人に見える撮り方してませんか?
 今日は2人で今後の取材方針について…」(カズぽん)

ゴクリ
「ビールおいしいね~。それにしても、カズぽんってほんとにおいしそうにビール飲むよね~」 (K)

「いや~そういうとこあるんですよ~」(カズぽん)
さずが、Kさん、分かってる!

 

おつまみをいただきます

7

ささみの梅わさびのせ(250円)
銀杏(200円)
牛タン味噌仕立て(600円)
アスパラ(200円)

お口直しの「きゅうり・ニンジン・セロリ」。ひき肉入りの自家製味噌でいただきます。

どれも素材の味がよくわかるさっぱりとした味付けで美味です。牛タンは煮ているので予想以上に柔らかくオススメ。

「カズぽんは、串を食べさせたら5本の指に入るな。」(K)
「ホントですか!」(カズぽん)
「感じたことを言ったまでよ、野暮なことを聞くなよ。」(K)
Kさんは、うまいこと言うなあ。 

8

「というわけで、これからも一人レポート頼んだ!ドーンッ!」(K)

「え!はい、ま、任せてください。」(カズぽん)

歯に衣きせぬ褒め言葉の連続、そして最後に「ドーンッ!」と流れについ快諾してしまう私。
でも、何だか晴れやかな気分。

「じゃ、この話はここまで、ほら、鶏がおいしそうに焼けてるよ。」(K)

悩みのトンネルをくぐりぬけると、そこには香ばしい焼き鳥の煙が漂ってきました。

 

ぼんじりを備長炭でじっくりと焼き上げる

9

伊達鶏のぼんじりは、粒が大きく食べ応えがありそう!
4羽分の尻尾で一人前という贅沢さに、期待が膨らみます。

「ぼんじりファイヤーですね!メモメモ」(カズぽん)
「…い、いいぞ・・・?その調子だ。」(K)

10

なんともおいしそうな焼き上がり。
ぼんめし用は、軟骨を切り取ります。

 

〆の一品 ぼんめし(700円)の登場!

  11

ぼんめし(700円)の登場!

軟骨はお願いすれば出してもらえます。
ぼんじり好きなら頼んでみるべし。

 

食べる前の下準備

  Dscn2663

ひつまぶしのようによく混ぜて食べます。

ぼんじりはジューシーでとろけます。
油の多いぼんじりも、ご飯と混ぜ込むことであっさりといただけます。
あっさり醤油系のタレがよくしみて、ご飯も絶品!

鶏好きにはたまらない逸品。

 

そしてガツガツ食べる!

  Dscn2678

「これはおいしい!カッカッカッ!モグモグモグッ!何杯でもいけます!
 ガツガツ食べるカズぽん、一人レポートの最大の見せ場がきました!Kさん!」(カズぽん)

  Dscn2682

「…・。 はぁ~ウマいなぁ。 今度女の子と一緒に来よう。」(K)

 

完食!

  Dscn2674

12

「Kさん、これからも一人取材、とりあえず、やってみます!」(カズぽん)

「ウンウン、その意気その意気~。ビール、ウマぁ。」(K)

 

Photo_2
   

お通し代+席料(1500円)×2
【ビール】キリンの一番しぼり大瓶(600円)
【串】ささみ(250円)
   銀杏(200円)
   牛タン味噌仕立て(600円)
   アスパラ(200円)

【丼】ぼんめし(700円)×2

6,250円

1時間


[エリア 御徒町] ジャンル 和食

焼き処 しゅん

おすすめ特集