2009/11/26

魅惑の食材「ウニ」へのあこがれ

~デキル幹事が選ぶドラマが起こる忘年会~ グルメ忘年会編 

  Dscf02322_2

[エリア 神楽坂]  ジャンル 和食

神楽坂大人和食 いちりん

  • Icon_editor_10
  • Icon_editor_11

ウニに寄せる期待

    Dscf8117

今回からリーダーからの指名により、ガチレポ執筆を担当することになったリンリンです。

今回は前の職場時代から気が知れているオキラクメンバー(テツ・リョウ・Aちゃん・Bちゃん)とのプチ忘年会をやることになったので、取材も兼ねて幹事を。

ズバリ今回のテーマはグルメ忘年会!普段は食べられない高級な食材に舌つづみを打ちながら上司や仕事へのうっぷんを晴らす。
そんな思いを巡らしながらある食材が目に...

「ウニ」!

表面こそトゲに覆われつつも、その内に秘めた外観からは想像もつかない深い味わいを持った中身(精巣・卵巣)。
※一般に普段食べている部分は脳みそではないそうです。

というわけで、今回のテーマは「ウニ」に決定!


「うーん、ウニ、うに、雲丹、UNI...」
早くも仕事に身が入りません。

準備万端!いざ神楽坂...のはずが...

  Dscf02442   

テツです。
地下鉄飯田橋駅から神楽坂に最も近いB3番出口で集合のはずなのですが、幹事のリンリンが来ません。

(まだ会社の会議室にいるリンリンの心の叫び)
「くっ...こんな時に限って会議が長引くなんて...サイトに表示されるアイコンの色なんて何色でもいいじゃないか!おれのウニに何かあったら誰が責任取ってくれるんだ!」

「あっメールが」(テツ)

「リンリンまだ会議だって」(テツ)
「長くなりそうなの?」(Aちゃん)
「このテの会議は長そうだね...」(テツ)
「しょうがない。先に行ってようよ」(リョウ)

幹事が遅刻なんて...
というわけでわたくしテツがここから代わりにレポートします。

神楽坂大人和食 いちりん

  Dscf0232

今日のお店は地下鉄飯田橋駅のB3番出口を出てすぐにあるビルの5F「大人和食 いちりん」。
敷居の高そうな神楽坂の雰囲気にちょっと呑まれそうですが、一方で期待も高まります。

落ち着いた大人の空間

Dscf0076_2      

エレベータで5Fに上がると、目の前で繰り広げられるカウンター越しの大人の会話。さらに奥には落ち着いた雰囲気のテーブル席が。

これぞ大人の「和」の空間。

聞くと元々は寿司屋だったとのこと、料理への期待も高まります。

4人で乾杯

Dscf0085_2   

幹事のリンリンがまだ到着していませんが、背に腹は代えられません。
4人で忘年会開始です。
まずはビールで乾杯!

「オツカレー」(4人)

木製のグラスに注がれたビールがまた和の演出です。

 

おあずけ

Dscf0091_2    

遅れて来る人を待つビールまでも、どことなく絵になります。

 

とりあえず近況報告 

Dscf0100   

「そういえばこのメンバーで集まるの久しぶりじゃない?」(リョウ)
「確かに、前に会ったのっていつだっけ?」(Bちゃん)
「最近どう?」(リョウ)

「うーん」(Bちゃん)

「不況」(テツ)

「そういえばワタシ最近すい臓が...(略)」(Aちゃん)

気心知れた仲間だからこそできるたわいもない会話。不況の影響を受けた給料や、日々のハードワークに酷使された内臓の悩み等々...


そうこうしているうちに、僕たちの目の前に驚きの光景が。

 

真打登場

  Dscf0114   

!?

中国の黄河を思わせる黄金の液体が鍋に...

これはもしや最近リンリンが呪文のように繰り返していた「アレ」では?

  Dscf0131 

やっぱりウニだー
でも鍋とは別にウニがあるということは???

「鍋の出汁にもウニを溶かしこんであります。出汁に火が通ったら、こちらの具材をしゃぶしゃぶ形式でお召し上がりください」(店員さん)

なんと!ウニの中をウニをくぐらせて食べるなんて。
そんな未知の体験に、勇気を振り絞って挑みます。

Dscf0137_2   

ウニを惜しみなく鍋へ投入します。もちろん生で食べてもおいしい新鮮なウニですが、ここは心を鬼にして(?)火を通していただきます。

なんて贅沢なんでしょう。

実食

Dscf0157   

時は満ちた。

黄金のウニのプールに放たれたウニたちの身を救い出し、
そして次々と口へ。

まさに今までに経験したことのない濃厚なウニの味わい。
その至福の瞬間にみんな我を忘れて食べ続けました。

  Dscf0159_2 

「・・・・・・」(Aちゃん)
「・・・・・・」(リョウ)
「・・・・・・」(Bちゃん)
「・・・・・・」(テツ)

まずはウニを単独で味わい、続いて鯛などの鮮魚と共にいただきます。
もちろんたっぷりとウニが溶け込んだ、とろとろの出汁もたっぷりいただきました。

ここで他の大人料理のご紹介

Dscf0146_2   

左上から、季節の前菜、地魚お造り、12種類のサラダ、煮穴子(なんと2種類)、キンキと旬野菜の丸蒸し、アワビの肝あえ。

魚介は、料理長・店長が自ら毎朝築地で仕入れていて、店で出すものは旬のものしかないというこだわりがあるとのことです。

旬がわからなくても、何を頼んでも必ず旬のものが食べられるという安心感がまたうれしい。

うまい食事とうまい酒、いちりんの和の空間、これだけの条件がそろえば、会話が弾まないわけがない。

旬な料理を肴に大人の会話

  Dscf0168

「Cちゃん結婚するらしいよー」(Bちゃん)
「えーっ、こないだカレと別れたんじゃなかったっけ?」(Aちゃん)
「それは前のカレだよ」(Bちゃん)

「そっか、もうそんな時期なんだねー。みんなついこないだまでバカ騒ぎしてたのに。それにひきかえウチのリーダーはまた合コン行ってたなー」(テツ)

「・・・・・・」(リョウ)

Dscf0170 Dscf0172

「今の職場で誰かウチのリーダーにいい人いない?」(テツ)

「リーダーって自由人だから、なんか振り回されちゃいそうじゃない?」(Aちゃん)

「でもウチの珍獣メンバーを取りまとめてるからリーダーシップはあるよ。それに自分の世界観を持ってて、こないだも思いをアツく語られたし。」(テツ)

「そっか、見た目は肉食だけど、付き合ったら実際どうなるんだろうね。」(Bちゃん)

「・・・・・・」(リョウ)

Dscf0175 Dscf0182   

落ち着いた雰囲気に絶品の料理。いつものオキラクメンバーとの会話がちょっとだけ大人に感じます。

「ちょっと、リョウ食べ過ぎじゃない?」(Aちゃん)
「リョウは相変わらずだなー」(テツ)
「リンリンの分が・・・まあいっか」(Bちゃん)
「そうそう、ダイジョウブだって。遅れてくるほうがワルい」(リョウ)

幹事到着

Dscf0209_2   

「オマタセシマシタ」(リンリン)
「遅いよー」(Bちゃん)
「キター」(リョウ)
「幹事のくせに遅刻なんて、チーム飲みだったら顔じゅうに落書きされるよ」(テツ)
「だってアイコンの色が...」(リンリン)

Dscf0221

「まあとりあえずこれで全員揃ったことだし。」(Aちゃん)

「改めてオツカレー」(乾杯)

夢の跡

Dscf0215   

「料理すっごくおいしかったよ」(Bちゃん)
「さすが名幹事!」(Aちゃん)
「ウニ最高だったよ」(テツ)

「はっ!おれのUNIは?」(リンリン)

「ちゃんと残してあるよ。ほら」(リョウ)

Dscf0226 

「・・・・・・」(リンリン)


やっぱり手遅れだったか...
おれのUNIがこんな姿に...

Dscf0231

「ちょっと来るのが遅かったねー」(テツ)
「そうだね。そろそろ二次会行こうか。」(Aちゃん)

「えーっ、まだ来たばっかりなのに」(リンリン)
「まあそういうことで、じゃあお会計ワリカンね」(リョウ)

「...シドイ」(リンリン)

 大人の夜はまだまだ続く

Dscf0249      

大人の街神楽坂でちょっと背伸びをした僕たちは、また一つ新たな経験を通して、昔ながらの仲を深めることができました。

...


「おれはまだ深めていない。コノウラミ ハラサデオクベキカ」(リンリン)

生ビール 530円×5
おまかせコース 3500円×5
(前菜・お造り・サラダ・うにしゃぶ・煮穴子・キンキの丸蒸し・アワビの肝あえ・チーズ)

合計  20,150円

1時間半

空間★★★★★ 料理★★★★★
二次会への闘志(一人のみ)★★★★★ 仲間との絆   ∞

[エリア 神楽坂]  ジャンル 和食

神楽坂大人和食 いちりん

おすすめ特集