2009/12/07

聖なる夜は、クリスマスムード120%で彼女もメロメロ?

~クリスマスサプライズ大作戦!「クリスマスムードたっぷりのお店」~

Spe00

[エリア 外苑前] ジャンル カフェレストラン

CAFE SPEIRA カフェスペーラ

  • Icon_editor_07

今日のアッちゃんは何かが違う?!

あっという間に秋も過ぎざり、気づけば冬の寒さも厳しくなってきましたね。
みなさんいかがお過ごしでしょうか?
草食代表「アッちゃん」です。

今年の初夏からシンシンとともに人生のパートナー探しを頑張っていますが、未だ現れず…。
そんなボクですが、いよいよクリスマシーズン到来ということで、気合いを入れて本気デートに臨むことにしました。
会社の女性先輩とデートを重ねてきたかいもあり、少しは女の子の気持がわかってきたような気がしています。

こないだ友達に誘われた飲み会で知り合ったA子ちゃんを今日はデートにお誘い。
彼女の心をゲットするクリスマスムード満点のロマンチックなデートを決行することにしました。

A子ちゃんも感動して、ときめいてくれたらないいな。
先輩たちにもいい報告ができるように今日は頑張らないと。

 

銀杏並木沿いに佇むカフェレストラン

Spe01

外苑前の駅でAちゃんと待ち合わせをして、神宮外苑の銀杏並木に向かいます。

夜の銀杏並木は昼間の雰囲気とは違って、並木沿いにあるお店からの零れる灯りに照らされて幻想的です。
そんな並木をA子ちゃんと2人っきりで歩いているだけで胸が高鳴ります。

Spe02

銀杏並木を100Mほど歩くと、左手に「CAFE SPEIRA」があります。
電飾で飾られたツリーがボクたちを迎えてくれました。

Spe05

テラスもセンスよくライトアップされていて、温かみのある大人のクリスマスムードを演出しています。
「すご~い!綺麗だね。」(A子ちゃん)

Spe04

お店の入口のドアには、クリスマスリーフも飾ってあります。
「あっ、かわいい!!」(A子ちゃん)

クリスマスムードたっぷりの雰囲気にA子ちゃんも喜んでくれているようです。
よしよしっ。

特等席をリザーブ

Spe06

テラスの見える窓際の特等席に案内するアッちゃん。
「どうぞ、こちらの席だよ。」(アッちゃん)
「ありがとう!」(A子ちゃん)

一番いい席を予約して、しっかりエスコートするアッちゃん。
できる男になりました!

 

はじめはシャンパンで

Spe07

クリスマスの乾杯は、やっぱりシャンパン。
「今日はありがとう!乾杯!」(アッちゃん)

「こちらこそ!素敵なお店ね。乾杯!」(A子ちゃん)

なんだか、いい雰囲気です。
今日はいけそうな気がします。 

 

特別なクリスマスメニュー

「CAFE SPEIRA」では12月23~25日限定のクリスマスコースメニュー(8,000円/一人)があります。
おいしい食事はクリスマスの特別な夜を、より一層素敵に演出してくれます。
今日は、もちろんそのクリスマースコースをオーダーします。

Spe08_2

1品目は、「完熟トマトとモッツァレラチーズのカネロニ仕立て」

トマトとモッツァレラチーズをコンフィしたトマトの果肉で巻いています。
トマトの綺麗な赤色が目を引きます。
透明なゼリーはトマトのゼりーが敷いてあり、トマトを丸ごと贅沢に味わえる逸品です。
オリーブオイルのアイスが添えられていて、見た目も味も楽しめるお料理です。

Spe082

「モッツァレラチーズのやわらかくてクリーミーな味わいとトマトの酸味がマッチしていて、とってもおいしよ。
食事のはじめに酸味をとると、人って食欲がわくんだよ。
アミューズでトマトを使った料理をお出しするって、すごく考えられてるね!」(アッちゃん)

「へ~、そうなんだね。アッちゃんよく知ってるね。
じゃあ、早速、いただきます!」(A子ちゃん)

アッちゃんの薀蓄にA子ちゃんは感心しています。

Spe09

2品目は、「タラバ蟹と黄ピーマンのババロア、ピスタチオの軽いソース」

タラバ蟹の身も入っていて、タラバ蟹の濃厚な味わいが口の中に広がる贅沢な逸品です。
泡立てられたピスタチオのソースがこの濃厚なババロアとよく合っていて、とにかくおいしい!

Spe092

ババロアの上には、カラっと揚げてある西洋ネギとバラの花のパウダーが添えられていて、見た目も華やかでかわいらしいです。
「きれ~!」(A子ちゃん)
感動するA子ちゃん。

「ババロアはすごく蟹の濃厚な味がするよ。
ちょっと香ばしい香りもするでしょ。
おそらく甲羅をローストしたものを炊き出してスープをとっているのかもね!シェフのこだわりの逸品だね!」(アッちゃん)
「そうなんだ。アッちゃん、よくわかるね~。」(A子ちゃん)

アッちゃん、絶好調です!

Spe10

3品目は、「茨城産鮟鱇の低温ベーコン巻きロースト、茸類のソテー添え」

鮟鱇のローストをパセリとベーコンで巻いた、なかなか味わえない逸品。
鮟鱇の身がプリプリとしていて、ジューシー。たまりません!

ソースは魚のダシのきいた奥深い味わい。
ボリュームがある一品ですが、ソースの香辛料がアクセントになっていて、飽きずに最後までおいしくいただけます。

Spe102

「鮟鱇って今までお鍋で食べるイメージしかなかった。」(A子ちゃん)

「確かに鮟鱇はお鍋料理によく使われるよね。
でも、実は鮟鱇ってローストにして旨味をギュッと中に閉じ込める方が、プリプリの食感を楽しめるしおいしいんだよ。」(アッちゃん)

「へ~!アッちゃん、すご~い!」(A子ちゃん)

次から次へと出てくるアッちゃんの薀蓄に、呆れるどころか感動してくれるA子ちゃん。
よしよしっ。

Spe11

4品目は、「鹿児島産特選和牛ロース肉のロースト」

食欲をそそる綺麗なピンク色のお肉。
頂くと、とってもジューシーで肉汁が口の中に溢れます。
コクはあるものの口当たりがさっぱりとしたソースと、このお肉の相性がバッチリ!
もうお腹いっぱい…と思っていたのに、2人ともペロっと頂いちゃいました。

Spe12

最後は、クリスマス特製デザート。
「温かいチョコレートのフォンダンに赤ワインとベリー類のフルーツスープ」

あつあつのフォンダンショコラにナイフを入れると、溶けたチョコレートが溢れます。そして、中にはグラッセにしたマロンが。
イチゴ、ぶどう、ラズベリーなどの酸味のあるさっぱりしたフルーツと一緒にいただく、まさに大人のデザート。

上機嫌のアッちゃんは…。

Spe13

お料理がおしいく会話も弾むと、お酒ももちろん進みます。
ボクは大好きな赤ワインを、A子ちゃんは白ワインをオーダー。

「この赤ワインは、エンヴォイ2004年のもの。
ジョナサン・マルティスのコロニアル・エステイト・シリーズの1本なんだよ。」(アッちゃん)

Spe14

「へ~。アッちゃんってワインも詳しいのね。素敵…。」(A子ちゃん)

Spe15

A子ちゃんのこの一言で、「今日はいける!」と確認したアッちゃん。
ラストスパートとばかりに、薀蓄を披露。

お酒もぐいぐい進みます。

Spe16

気づけば気分よく酔っ払って、ワイングラス片手に寝てしまっていました。
夢の中でA子ちゃんに薀蓄を語り続けます。

Spe17

目の前でアッちゃんに寝られてしまい、退屈そうなA子ちゃん。
テラスに見えるキラキラ輝くロマンチックなイルミネーションを一人眺めます。

聖なる夜の結末は?

Spe18

しばらくして、ハッと目が覚め我にかえるアッちゃん。
時すでに遅し…。

お会計を済ませて、お店を出ます。

「今日はありがとう。また今度、一緒に…」(アッちゃん)
「じゃあ、今日はここで。ごちそうさま!!」(A子ちゃん)
「あ…。」(アッちゃん) 

Spe19

またしても、いつもの薀蓄によって最大のチャンスを逃してしまい、落ち込むアッちゃん。

でも、CAFE SPEIRAのクリスマスムード満点の雰囲気に浸り、最高のクリスマスコース料理を思う存分味わえたので、「よし!」としよう。

みなさんはボクのような失敗はしないで、この素敵なお店で最高のクリスマスデートを楽しんでください。

ボクも2009年、最後まであきらめないで頑張ります!

クリスマス限定コース 一人8,000円×2
シャンパン+赤ワイン・白ワイン 一人2,000円

20,000円 

2時間


[エリア 外苑前] ジャンル カフェレストラン

CAFE SPEIRA カフェスペーラ

おすすめ特集