2009/12/21

行きつけのバーがある世界

~デキル幹事が選ぶドラマが起こる忘年会~ 美酒の二次会編 

  Dscn4097

[エリア 中目黒]  ジャンル バー

recoa DINING+BAR

  • Icon_editor_05_2
  • Icon_editor_06_2
  • Icon_editor_11

「忘年会で、ドラマする。」セカンドシーズン開幕。 

西麻布のkasaharaでは、最高にリラックスしていたガチレポ新人のテツです。

ドラマティックな1次会は、終電を忘れるほど盛り上がりました。
そもそも、1年の総決算の特別な日。
当然、みんなは、胸のうちで、朝までコースを期待してたはず。
もちろん僕は朝まで前提で、家で待っている観葉植物には今朝多めに水をやってきました。

「お店どうする?」
みなさんが言い始めたときに、すかさず中目黒の隠れ家
「recoa DINING+BAR (れこあだいにんぐ ぷらす ばー)」
を提案。
数少ない僕の行きつけです。

1

朝の5時まで営業だから、終電がなくなっても大丈夫。

しかも中目黒ってのがいい。
「じゃー、ナカメの行きつけにします?」って、なんか言いたくなります。

「いいねぇ」(一同)

まさに鶴の一声、二次会の場所は決まりました!

 

2

中目黒駅から、山手通りを北に池尻方面に歩いて3分の
程近い場所の地下1Fにrecoa DINING+BARはあります。

「地下って非日常っぽくて好き」(アンナちゃん)
「やるじゃんテツー」(Kさん)

みなさん気に入ってくれたようで、ひと安心。
次の査定が楽しみです。

ドラマの舞台。

3 4_2    

左がカウンター。
やさしい間接照明と、赤いライトに照らされたボトル、
そしてイケメンバーテンダー。
おひとり様の女性客が多いのも、納得です。

右がVIP個室。(チャージ1000円/1h)
「家賃いくらですか?」と聞きそうになるぐらい、プライベート感があふれてる。
リピート率も高いのだとか。隠れ家にしたい。っていうか住みたい。

この場所なら、仲間うちの秘密の話も気兼ねなく話せます。

今年最後のはじまり。take2

5

今年最後の、はじまり。の2回目です。
なんどやっても乾杯の瞬間は、よーいスタートという感じがうれしい。

recoa DINING+BARの豊富なドリンクの中から、思い思いの一杯を頼む。
一次会は、「とりあえずビール」という乾杯が多いが、二次会はそれぞれ飲みたいお酒を飲むのが正解。

もう一度、今年一年、みんなにありがとうの気持ちをこめて、かんぱーい!

それに加えて、
僕の会社での地位向上を願って。

今年最後の、相棒。

recoa DINING+BARはカクテル・ワイン・ウイスキーから焼酎・日本酒・果実酒まで、ドリンクの品揃えが豊富。

今年最後の、相棒として、みんなの選んだのお酒を紹介。

アンナちゃんの相棒 

6

和梨のカクテル 1000円
すっきりとした甘さの和梨に、キリっとしたリキュールが合わせてあり、喉ごしのいい上品な味わい。
清楚なアンナちゃんにフィット!

 

アリサちゃんの相棒

7

荒漉しみかん酒 780円
みかんの甘みや酸味に、お酒の旨みや深みがミックスされた、大人のミカンジュースといった感じ。さっぱりしているので、たくさん食べた後なんかは特に重宝されるはず。

「スゴイおいしいこれ!」(アリサ)
「ツブツブがいいね。」(シンシン)
「さすが、お店おすすめのお酒!」(アンナ)

と、みんなが一番盛り上がったお酒。
お店を紹介した私も、鼻たかだかです。

僕(テツ)の相棒

8

KUROBOSE 780円
黒麹とぼうず麦(はだか麦)のハーモニーが生んだ、個性のある本格焼酎。ほのかな甘味と、トロッとした舌触りが心地よい。マイルドな性格の僕にピッタリです。

シンシンの相棒

9

川中島 750円
澄み切った味わいとクリアなのど越しは、どんな料理にもぴったりマッチ。冷やでも、燗でも旨い。クールヘッド、ウォームハートなシンシンにお似合いです。

リーダー・Kの相棒

10

シングルモルト・ラガブーリン 1180円
重厚だが口当たりは非常になめらか。個性の強い香りで、一度飲んだら病みつきに。
飲みやすいモルトに飽きた人に、熱烈なファンが多いお酒。

どちらかというとイキッてる気もしますが、Kさんの、相棒。

ビヨヨヨヨーン

「なんか小腹すいたな~。」(シンシン)

11_2

オーダーは、手元の電話で、内線にかけます。
プライベートな時間を邪魔しない、recoa DINING+BARの細やかな気づかいに感動します。
ほんと、住まわせてください。

「ピザ食べよっか?」(シンシン)
生ハムとほうれん草のピザ温玉のせ 980円
をオーダー。

そして、食べよう、と思ったそのとき

12_2

ビヨヨヨヨーン!!!
山手線で見たFooMooの広告みたいだ!

13_2    

忘年会で、ドラマする。
「今年最後の、恋の予感。」
シンシン先輩とアンナちゃんが、見つめあっています。
このままでは、僕はびっくりするだけの外野席です・・・。

※(注)この伸びるピザは、ガチレポメンバーの私物のおもちゃです。すいません。どうしてもやってみたかった。
recoa DINING+BARの「生ハムとほうれん草のピザ温玉のせ」は、ここまでは、チーズが伸びることはないかもしれませんが、温玉とチーズが絶妙に絡み合い、生ハムの塩味もきいた絶品ピザです。

今年最後の、恋の予感?

シンシン先輩だけずるい!

ということで、僕は自慢のショットガントークでアンナちゃんとアリサちゃんの気を引き、ドラマを起こそうと思います。

イマドキ女子も胸キュン必至のネタ、この日のために仕入れてきました。

14    

「クマムシって、ほんと素晴らしい耐久性があって…」(テツ)

「・・・。」(一同)

 

15    

「金のエンゼル見たことある?俺は、ないよ」(テツ)

 

「・・・。」(一同)
 

16     

「レイラって名前なんだ。うちの観葉植物」(テツ)

「・・・。」(一同)

 

17    

ドサッ

あれ、Kさんの足が、僕の足の上に載ってきてますよ。

さては、あまりの僕の独壇場にいらだちを覚えたな?

まぁいい、これでアンナちゃんとアリサちゃんは、
十分メロメロなはず。

すこしは、Kさんにも花を持たせてあげるか。


   18  

「明日って雨?」(アンナ)
「寒そうだよねぇ」(アリサ)

あれぇ?
Twitter(ツイッター)でも、つぶやかないくらい小さな会話してる?
僕のトークが全く刺さってない!

うう・・・。今年最後の、恋の予感が・・・。
どうしよう…。
そうだ!

今年最後の、裏切り。

19

肉食代表シンシン先輩が、男前だからって、オレの面白いヤツ無視しやがって!ちくしょう!

こうなったら、正々堂々、男の勝負をしかけてやる!

と、思ったら席を立ってトイレへシンシン先輩が。

20    

あ、これは、もしかして、

あの、チャンスな時間じゃないか!?

21  

「シンシン先輩って、あー見えて、超セコイんですよ・・・。
 それに一番最近の彼女ってのが・・・。」(テツ)
「えー!信じられない!?シンシン先輩、サイテー!」(アンナ)

ふふふ。
これで、どうなるか。

22

ま、こうなりますよね。

「あれ、なんで怒ってる?」(シンシン)
「いや、なんかフケツ…。」(アンナ)
「無粋な詮索は、やめときなはれや」(テツ)

よし、敵を下げて、自分を相対的に上げる僕お得意のテクニック炸裂!
この作戦のすごいダメな点は、誰も幸せにならないというところにつきます。

「今年最後の、恋の予感。」終了です。

今年最後の、男飲み。 

  23

「テツ!シンシン!
 さっきからなにウダウダしてんの!コッチ来て飲もっぜ」(K)

二次会も深まり、みんなお酒がまわって気分が良くなってきました。

Kさんは、今年も恋の予感のないまま、過ぎ去っただけなので、僕らのバトルなどまったく気づいていません。

この人は、一人でも幸せそうだな。

24

「だからさ、あのとき、死ぬほど頑張ったから、うまい酒が飲めるってのよ。」(K)
「そーっスね!魂抜けるほどの仕事でしたよ!」(シンシン)
「たしかに口からなんか出てましたよ!」(テツ)

恋とか関係なくなってきたけど、ハッピーな時間だぞ。

結局、楽しい仲間がいて、recoa DINING+BARみたいなうまい酒と空間のあるお店があれば、それ以上何もいらないんです。

1年を振り返り、バカ話で爆笑する。
ただそれだけですが、それ以上でもないのが忘年会。

ただそれだけのことが、僕らのドラマなのです。

こんなに心が解放された気分なのは、recoa DINING+BARの出すプライベート感のおかげかもしれません。

来年末も、また、変わらないメンバーで、recoa DINING+BARに来れたらいいなぁ。

こうして、
「今年最後の、素敵な夜。」は、更けていきました。


和梨のカクテル 1000円
荒漉しみかん酒 780円
KUROBOSE 780円
川中島 750円
シングルモルト・ラガブーリン 1180円
等、各種ドリンク

生ハムとほうれん草のピザ温玉のせ 980円

15,000円程度

4時間

今年最後の、ドラマ ★★★★★

[エリア 中目黒]  ジャンル バー

recoa DINING+BAR

おすすめ特集