2010/02/18

センパイ女子を帝王「ロッシーニ」で籠絡セヨ!

~高級食材を堪能する銀座 「洋の逸品」~

Gintotop

[エリア 銀座] ジャンル フレンチ

GINTO (ギント) 銀座店

  • Icon_editor_11
  • Icon_editor_03_3

いつまでも新人あつかい…

『アバター』のアバターにクリソツと評判、新入りテツです。

メンバーに入って早3か月。
まだまだひよっ子あつかいで、可視化しますと
このような感じです。

Syugou

なぜ最後列かつ、座っているのか。
オシャレしたパーティで、友達が見つからない人みたいじゃないか。
これは、地位向上のために手をうたねばなりません。

影の支配者と仲良くなれ!

てっとり早い方法は、キーマンと仲良くなること!
リサーチしたところ、どうやらアヤ嬢と判明しました。

会議でもなんとな~く、アヤ嬢がうなずくと物事が決まるし。
先頭のKリーダーもアヤ嬢だけには「USB貸して!」とか気軽に言えないご様子!

Lock

だから今日は、銀座のお店でアヤ嬢を接待します!
センパイ女子を、籠絡してやります!

食べるのは牛フィレとフォアグラという、スター級食材が
夢のコラボを果たした帝王「ロッシーニ」!

「おいしーい」と舌鼓をうつアヤ嬢に、
「僕たちもこんなコラボが、できるといいですね」的な!?
んで、地位向上、的な!?

待ち合わせ

JR有楽町駅から歩いて4分、
プランタンの裏あたりに今日のお店「GINTO(ギント)」はあります。
ZOE銀座の5F。

Mati

もうアヤ嬢が到着している!
ははーん、こういう誠実な行動で、信頼を得ているのか。

ここはデキる男子と認められるために、
かっこよく待っていたことにしよう。

Tetsu

「ハーイ!」

よし完璧。あとは気づくのを待つだけだ。
はやく振り向かないかな。

Aya2_2

あれ、あっち向いちゃった。



なんか腕がシビれてきたから
お店入ろうかな。

「GINTO」店内へ

Mise2 Mise

開放感あふれるエントランスから、やわらかい光が包む半個室へ。
さすが銀座のフレンチ・イタリアン。オシャレです。

でもビビってはいられない。
デキる男子っぽく、スマートにワインを注文してやります。

Tetsu_order

「ミディアムボディー的で…白くて、渋くて…白くて、フルーティ…」(テツ)
「白でしょうか?」(お店の人)
「白で!」(テツ)
よし、完璧。

Aya_order

「今日はどんな料理だっけ?」(アヤ嬢)
「牛フィレとフォアグラのロッシーニがメインです!」(テツ)
「じゃあ甘めの赤で、お値段はこれくらいかな」(アヤ嬢)

赤!? 白ダメなの!?
色がシャンメリーに似てるから、白好きなのに…
ここは白好き男子、的なオーラを出しとこう。

乾杯

Kanpai

ワインの乾杯は、グラスを合わせてはいけないんですよね。
担任の先生に昔聞いたので、これは大丈夫。

白はフローラルで辛口な「トレンティーノ ピノ・グリージョ」1000円。
赤は繊細で優雅な余韻をもつ「レ・カーブ・ド・ラ・コロンブ・ブルゴーニュ」1000円。

「乾杯。テツくん、いい店教えてくれてありがとうね」(アヤ嬢)
「だっしょ!?だっしょ!? むちゃんこ検索しましたもの!!」

と言いそうになりましたが、ここはデキる男子風に
「乾杯。アヤさんに喜んでもらえて、光栄です」(テツ)

パパパ、パーフェクト!マーベラス!

お料理のご登場です!

「ルージョ オリジナル トパーズコース」6000円をオーダー。

Ryori1

「前菜3点盛り」
アートのような、かわいい前菜のご登場!

下: 彩り野菜のテリーヌ
野菜と白身魚のテリーヌ。しつこすぎない旨みと、野菜の柔らかな食感は、洋風茶碗蒸しといった感じ。今からフレンチが始まることを、実感させてくれます。

中:イタリア産生ハム
まろやかなテリーヌと、生ハムの毅然とした塩味の素敵なギャップ。
口に入れると、前菜としてチームを組んでいる理由がわかります。

上:季節野菜のバーニャカウダー
「かわいい!」(アヤ嬢)
女子もうなる、色っぽいバーニャカウダー。次はバーニャカウダーに生まれ変わりたい。

さきほどの2品とは全く違う食感で、これまた素敵なギャップ!
紅芯大根(こうしんだいこん)、紫ニンジン、黒大根と、独身男子には日常お目に
かかれない野菜たちが、それぞれ異なる味と食感で、目と舌を楽しませてくれます。

Ryori2

「寒ブリとホタテ貝のグリル サフランバターソース」

寒ブリも、北海道産ホタテ貝の貝柱も、いい焼き加減。どちらも旬なだけあって、厚みがあり、旨味が濃い。手前はコンソメで煮た大根。生まれて初めて食べましたが、コンソメで煮ると大根は臭みや苦みが緩和され、上品になるのですね。

スター級食材のコラボレーション!
帝王「ロッシーニ」様のご登場です!

Ryori3

「ロッシーニ」

美しい!牛フィレも、フォアグラも、トリュフを使ったフォンドボーソースも、光り輝いている!ソースと野菜を含めた、プレートのデザインも完璧。じっくり見ていると、王冠に見えてきた。頭に載せれるんじゃないか!? なんか緊張してきた…。

Ryori_aya

はっ!もう食べている!? 王冠かもしれないんだよ!?
なんて豪胆な女子だ…さすが影の実力者。

「うんっ!ジューシーながらも臭みが全くないフォアグラと、肉厚がありながら脂がサラリとした牛フィレが、たがいの長所を伸ばしあって、より高次の食べ物に昇華してる!主役同士の絶妙な組み合わせは、実現可能なのね。チームとしても、見習いたいわ。」(アヤ嬢)

グルメマンガばりの名ゼリフ…!このまま巨大化しそうな勢いだ。
負けちゃいられないゼ!

Ryori_tetsu

「 お い し い 」(テツ)

しまった!
おむすびでも言える感想じゃないか!緊張してうまく言葉が出てこない。
とにかく夢中で、おいしいんだもん。

「テツくん肘が上がって、三角形みたいになってるよ。
それに、フォンドボーソースは口に塗るものではないよ。」(アヤ嬢)

まだまだ素敵な料理たち

Ryori4

「カニのブイヤベースパスタ タリアテッレ」

タリアテッレというパスタと、タラバ蟹の足、季節の野菜がコラボ。先ほどのスターとは一転、モチモチしたパスタの食感に、ブイヤベース(海鮮スープ)が絡み、なんとも安心するお味。スターばかりじゃ緊張しっぱなしですもんね。白い泡は、牛乳を泡立てたもの。

Ryori5

「苺のミルフィーユ GINTOスタイル ソルベ添え」

さっくさくのミルフィーユに、ホイップクリームと、カスタードをつけていただきます。あま~いイチゴは、栃木の「とちおとめ」を使用。ぜんぶ一体化してるミルフィーユが一般的ですが、素材をじっくり味わえるので、僕はGINTOのミルフィーユのほうが好きです。。

アヤ嬢の心はつかめたのか!?

Last_aya

「テツくん、今日はありがと!
でももっと、銀座の似合う男子にならなきゃだね!」(アヤ嬢)

Tetsu_last

うん、コラボ失敗!

でも雰囲気も料理もバツグンの「銀兎」のおかげで、
ちょっとは仲良くなれたかも。プチ籠絡できたかも!

「ロッシーニ」は劇的においしかったし!
さー次は、誰とコラボしちゃおうかな☆

 

●トレンティーノ ピノ・グリージョ(白) 1000円
●レ・カーブ・ド・ラ・コロンブ・ブルゴーニュ(赤) 1000円

●ルージョオリジナル トパーズコース×2 6000円
焼きたてパン
前菜3点盛り
 ・彩り野菜のテリーヌ
 ・季節野菜のバーニャカウダー
 ・生ハム
寒ブリとホタテ貝のグリル サフランバターソース
フォアグラと牛フィレのロッシーニ風 ペリグーソース
カニのブイヤベースパスタ タリアテッレ
苺のミルフィーユ GINTOスタイル ソルベ添え
コーヒー&紅茶

14,000円

3時間

スター級食材のコラボ ★★★★★
センパイ女子とのコラボ ★

 

[エリア 銀座] ジャンル フレンチ

銀兎 GINTO (ギント) 銀座店

おすすめ特集