2010/03/10

やっと逢えたね。もうキミ(ウニ)を離さない。

~ 奉行は作れ!おれ様は楽しむ! 「全国ご当地鍋」入門~

  Dscn4936_168

[エリア 池袋]  ジャンル 和食

鮮魚料理 居酒屋 えんざ

  • Icon_editor_10
  • Icon_editor_04

トラウマ

    Dscf8117

リンリンです。

寒い冬。やってきましたナベ企画。

どんなナベがいいかなーと探していると、ふと目にアイツが留まりました。

「ウニ」!

年末のトラウマ(『魅惑の食材「ウニ」へのあこがれ』参照)がよみがえります。


「今度こそ失敗は許されない。確実にアイツをモノにしなければ・・・」

とりあえずワキが甘そうなオキラクカズポンでも誘って行くことにしました。

作戦を考えつつ池袋へ

Dscn4928

 

池袋に到着。
今回は万全に万全を期したので前回の最悪のシナリオは避けることに成功。

次はいかにカズポンよりも多くウニをゲットできるか・・・
東口を出てお店に向かう途中、頭の中は作戦会議中です。

そうこうしているうちに店に到着。
駅から程近い場所にあるビルの2階にある「鮮魚料理 居酒屋 えんざ」です。

Dscn4927

こちらのお店は店主が北海道の奥尻島の出身で、
幼少の頃から食べ親しんだ郷土料理をメインにメニューを
構成しているとのこと。

さぞかし食材もこだわりもあるだろうと期待が高まります。

さっそく乾杯・・・

  Dscn4932

席について、今日のメインであるナベが来るまでの間に
とりあえず乾杯!

Dscn4933

そうだ
カズポンが苦手そうなゲームをやってウニを賭けよう

北海道の幸が詰まった鍋登場!

Dscn4935_2

 

まず目に飛び込んでくるのが大量のウニ。
なんでも普通に買うと150gで6000円ぐらいする奥尻島の逸品らしいです。
そのウニが80gも。ということは・・・(計算はあえてしません)

ウニ以外にも北海道ならではの食材がたくさん詰め込まれているので、
簡単に紹介します。

ホタテ、つぶ貝、ホッケのすり身、白菜、玉ねぎ、マロニー。
鍋といったら長ネギのイメージがあるのですが、北海道で長ネギは
メジャーではないらしく、玉ねぎを使うそうです。
具材の野菜にもご当地の特徴が出てます。

味付けは水炊きです。
なので素材の味がしっかり味わえます。

作戦決行

  Dscn4941

鍋にいい感じに火が通ってきました。
「そろそろか・・・」(リンリン)
「そうだね。(ジュルっ)」(カズポン)

「かずポン、食べる前にゲームやって、勝った方が好きな具材を食べれるってのはどう?」(リンリン)
「えっ?」(かずポン)
「まあただ普通にオトコ二人で黙々と食べるのもつまんないかと思って。」(リンリン)
「ああ、まあいっか。何のゲームする?」(カズポン)
「そうだな~ じゃまずせっさん!」(リンリン)
「??? せっさん?」(カズポン)
「せっさんだよ!知らないの?こうやって親指立てるやつ・・・」(リンリン)
「あー、いっせーのせか。なつかしいねー」(カズポン)
「まあ名前はどっちでもいいや。いっせーのせでいいからやろう」(リンリン)

「わかった。じゃあいくよ。いっせーのー2!」(カズポン)

Dscn4945_2

「うわーなんだそれ!いっせーのーって親指だけじゃないの?」(カズポン)
「ウルサイ!つべこべ言わずに、イッセーノー1!(早口)よっしゃ!」(リンリン)

Dscn4942

「えっ、あっ、じゃあっせーのー2・・・」(カズポン)

Dscn4946

「うーん」(カズポン)
「(まだカズポンが指を上げてる状態で)イッセーノー2!(超早口)勝った!」(リンリン)

Dscn4948_2

Dscn4947_2

「えーっ。ずるいよ、まだ・・・」(カズポン)
「じゃあそういうことでさっそく・・・」(リンリン)

Dscn4949_2

 

第一戦目の結果

Dscn49542      

遅やや反則気味の第一戦目の結果、リンリンが鍋のいいとこ取りで、
カズポンはマロニーのみを食することとなりました。

Dscn4958

「あー、やっぱり北海道の食材は見た目も味も存在感があるねー。なんか、その食材も豊かな大地のエネルギーを得てるって感じで。」(リンリン)

Dscn4960

「・・・(ズルズルズル)」(カズポン)

第二戦 

Dscn4965    

「いやーおいしかった。じゃ次いこうか。」(リンリン)
「えっ、もう普通に食べようよー」(カズポン)
「いやいや。それじゃつまんないから。」(リンリン)
「そうだなー次は・・・子供の頃の悪ガキエピソード対決!」(リンリン)
「よーし、今度は負けないぞ!」(カズポン)

「・・・」(リンリン)

「・・・」(カズポン)

Dscn4969_2

「よし!じゃこれだ!」(リンリン)
「悪ガキ3人でスカートめくり対決をしたことがあって、結果的にその日スカート履いて来たクラスの女の子全員のスカートをめくって勝った!」(リンリン)
※良い子はマネをしてはいけません

「えーっ!なんて悪ガキなんだ・・・えーっと、じゃこれでどうだ!」(カズポン)
「海に行ったときに砂浜にクラゲが打ち上がってたから、そのクラゲに向かって落ちてた松ぼっくりを思いっきり投げつけてやったよ。こうやって・・・」(カズポン)
※生き物を大切にしましょう

Dscn4971_2

「いやー、あの時はクラゲに松ぼっくりがめり込んで・・・我ながら悪ガキだったなぁ」(カズポン)

Dscn4973

「クラゲなんて骨ないし痛覚神経もないからどうってことないじゃん!そんなの悪ガキエピソードに入るか!」(リンリン)
「えっそうなの?リンリンって意外と物知りなんだな・・・」(カズポン)
「というわけでまたオレの勝ちね。」(リンリン)
「うー」

第二戦目の結果

  Dscn4962   

リンリンの独断により、第二戦目もリンリンが鍋のいいとこ取り、
カズポンがマロニー&白菜を食することとなりました。

Dscn4961

「すり身にも味が染みてきたな。柔らかくておいしいなー。野菜もいい味出してる。」(リンリン)
「・・・(ずずー)」(カズポン)

 

第三戦   

「くそー!次は絶対勝ってやる!」(カズポン)
「おっ、かかってきなさい。」(リンリン)

カズポンが悔しさのあまり、すっかり火がついてしまいました。
リンリンのペースにはまって、まさに思うツボ。

「じゃ次はあまり思いつかないから、ベタに古今東西やろうか」(リンリン)
「山手線ゲームね」(カズポン)
「じゃあお題はせっかくだから北海道にちなんだ食材!」(リンリン)

「せーの!ウニ!」(リンリン)

Dscn4975

「せーの!ホタテ!」(カズポン)

Dscn4976

「せーの!つぶ貝!」(リンリン)

Dscn4978

「せーの!マロニィーーーっ!!」(カズポン)

Dscn4979

「ハァっ?マロニー?ダメダメっ!」(リンリン)

Dscn4982

今まで負け続けてマロニーしか食べていないカズポンが条件反射で
答えてしまい、痛恨のミス!

 

第三戦目の結果

Dscn4984   

カズポン自滅により、今度はリンリンが大量のウニ、
カズポンが出汁(プラスちょこっとだけウニ)を食することとなりました。

「あーこんな贅沢シアワセー」(リンリン)
「もう頭きた。リンリンとはもう行かない!」(カズポン)

お腹も心も満たす雑炊

Dscn4990 

やや険悪な雰囲気に包まれてきたところに、シメの雑炊が運ばれてきました。
この雑炊はなんとバター風味!
ここでもご当地ならではの食べ方で、期待が高まります。

「まあまあ、気を取り直して雑炊食べようよ」(リンリン)

Dscn4994

さすがにリンリンも気を使って率先して雑炊を作ります。

「わーやったーウニだ~!」(カズポン)

Dscn4995

「うん、ちょっぴりバターの風味があって、また違った味が楽しめるね。」(リンリン)

復縁

Dscn5000   

「また鍋やろうよ」(リンリン)
「そうね。今度は負けないぞー」(カズポン)

北海道の広大な恵みが二人の仲もとりついでくれました。

うに鍋(中:2~3人前):3,800円
ビール×2:500円
ぞうすい:300円

合計  5,100円

1時間半

ご当地度★★★★★ 料理★★★★
勝敗 0勝3敗(カズポン) 寛大な許容心★★★★

[エリア 池袋]  ジャンル 和食

鮮魚料理 居酒屋 えんざ

おすすめ特集